HOME
   About    News      Works      Drawing      Blog      Shop      Mail
Text Size : A A A
2015年をまとめることなく、2016年のことを書くでもなく2ヶ月たってしまいました。
遅くなりましたが、思っていることをいくつか。

2015年の目標は「ウソをつかない」でした。
意識して生活すると、
人というのは息をするようにウソをつきながら生きているなあと。
騙すつもりはなくても、ちょっとだけ見栄を張ったり、
適当な相槌だって嘘になり得る。
それに気づくとどんどん苦しくなって前に進めなくなる。
だからぼくは、
ウソをついてしまっても心が痛んでいればオッケー、ということにしました。

なぜ「ウソをつかない」なんて目標を持ったんだろう?と考えて分かったことは、
ぼくはただ胸を張りたいだけなんだということ。
嘘をつかない人間になれるなんて思ってたわけじゃないし、
「上手にしゃべる技術」が欲しいわけでもない。
嘘を肯定するわけでもないけれどでも、
ついてしまった嘘に気を取られて前に進めないなんてもったいない。
だから、
ウソをついてしまっても心が痛んでいればオッケー。
オッケーというより、セーフという感じかな。

「ウソはつかない人間です」と胸を張ることはできないけど、
「ウソをついてしまうとちょっと心が痛みます」と胸を張ることはできる。
それはこの先もずっと自分と付き合い続けるという覚悟であり、
ずっと自分で自分にヘコみ続けるという覚悟でもあります。

心が痛んでいるならセーフ、麻痺しているならアウト。
麻痺してしまったことに気づいて心が痛んだらセーフ。


2016年の目標は「人に敬意を持って接する」にしました。
まずは、名前を覚えることと、自分から近づくこと。