HOME
   About    News      Works      Drawing      Blog      Shop      Mail
Text Size : A A A
2013年のテーマは「感動する心を大切にする」でした。
一年間考えてきて、感動する心を大切にするとは、
恥じらいの気持ちを大切にすることなのではないか、と。

感動するためには純粋さが必要で、
疲れ切ってしまうことや、卑下する心がそれを邪魔しているのではないかと考えて。
失敗したり恥をかかないために努力をすることは大切なことだと思っていたけれど
限界を超えて、疲れ果てて、それでもまだ足りないと自分を否定して、
そんな自分に陶酔するのはやはりバランスを欠いたことで、
そういう自分を捨てることは、とても難しいことでした。

昨日まで元気だった花が今日は萎れてしまうように、
昨日まで元気だった人が今日は落ち込んでいるかもしれない。
そう考えて少しドキドキしながら声をかけること。
気になる人を家に招待すること。
嬉しい近況を聞いて一緒に喜ぶこと。
悩みや愚痴を聞いて、何を解決するでもなく一緒にお茶を飲むこと。
相変わらずだと知って安心すること。
これを感動と呼ぶのです。

周りの出来事に動じないように、落ち込まないように、
失敗しないように、恥をかかないように、
傷つかないようにと心を鍛えることはなんてばかげたことなのだろう。
何度会っても恥ずかしがって親の後ろに隠れながら、
でも気になってこちらの様子をうかがっている子どものような、
そういう恥じらいの心を持って、花とか音楽とか絵とか人と接していきたいと思います。


来年のテーマは「HOPE」
想像力を積極的な仕方で使うこと。
今年も一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

みなさんの毎日が美しいもので溢れているように願っています。