HOME
   About    News      Works      Drawing      Blog      Shop      Mail
Text Size : A A A
Img_01ce9d3640ffe8b49c6cd5f792931672f0bc38ef
東京、雨、何もない部屋にMacひとつ。
こちらに来て2週間。
鳥取とは違うとこもあるし、同じとこもある。当たり前か。
でも、大事なことはだいたいが当たり前だから。

鳥取を出るのに何かひとつ、自分の中にルールを持っておこうと思って決めたこと。
友達を作ろう、ということ。
作ろうと思って作るものではないという事は百も承知で、あえて決めたこと。
何かに挑戦したり、倒すために来た訳ではないから。
敵は、見えないものを自分の中にだけ作ってればいいんだと思う。
Img_bdaa2e6f10626f0417286b75496ab358c7d46dd2
ワールドカップが始まった。でも僕の部屋にはTVがない。
今ひとつ熱さに欠けてる日本。なんで?

「旅立つ人が、いつでも帰れるように、ここに残ろう。
 いつでも笑って迎えてあげよう」。
何年も前に友達が上京すると決めた時、僕はそう言ったらしい。
僕はというと全然覚えてない。
鳥取を離れてみて、自分にそういう友達がいるのというのは、とてもありがたい。

最後のライブの夜、僕もたくさんの手紙をもらった。
ひとつずっと残っている言葉があるんだけど、それはまた今度。
Img_593214acf902bfa72ac0063649f0d9588395cab0
 君がこの街を出て
 むかう先は東京なんかじゃない
 その先
 もっともっと先のそのむこうで
 僕らもう一度笑い合いたいのだ
 やがていつか
 この時代をまるで遠い国の物語のように
 ふりかえり なつかしむ日が来る
 そしたら
 また同じ月を見上げよう
 曇りひとつない喜びの歌を
 一緒に歌おう