HOME
   About    News      Works      Drawing      Blog      Shop      Mail
Text Size : A A A
Img_519af52795e0f017e5e5d4d3c99b3cce
盆暮れ正月関係なしの生活をしている身ですが、2019年もよろしくお願いします。
2017年の総括をすることもなく2018年が終わってしまった。

2017年の目標は「考えずに動く」だった。
新しい自分がそこにはいた。ただ、疲れ果ててしまうこともあった。
疲れるのはいいことだ。でも疲れ果てるのは良くない。
疲れ果てた時の、バロメーターはなんだろうと考えた結果、フィルターが汚れているんだと気付いた。
良い影響は受けたい、でも悪い影響は受けたくない。
そのフィルターが、疲れ果てると上手く機能しなくなってくる。汚い言葉が口から出てくる。
そう思って、2018年のテーマは「フィルター」にした。
悪い影響を受ける前に自分の中が良いもので溢れていればいいのだ。
でも結局、フィルターを意識する暇もないくらい動き続けていたので、何が何だか分からないまま終わってしまった。

何が良くなかったんだろう。
振り返るとよくわかる。
全部を自分一人でしようとしていたこと。
見栄を張り続けていること。
そんなとこだ。

そこで、2019年のテーマは「弱さを見せる」にしました。
助けを、支援を、喜んで受け取る。

周りを見回すと、援助したい人がとても多い。
でもみんな援助される側に回ることはなるべく避けようとする。
格好悪い自分を見せまいとする。
なぜだろう?
ぼくの場合、誰かの役に立ちたい、という純粋な気持ちがどこかでねじ曲がって、
あの人よりも役に立っていたい、という競争心のようになっていることがある。
助けてもらうことは、助けてもらう側になることはなぜこんなにも難しいのだろう。
自分が誰かを助けた時に返ってくると嬉しい反応を、自分はしているだろうか。

そんなことを考える一年にします。
なんだか「何かあったら言ってね」という言葉が、
嘘ではないにしても、きちんと伝わっていない気がします。